スキーバッジテスト3級合格方法

シュテムターンとパラレルターンの違いを1枚の図で解説

はい、もうわかりましたねw

以上で説明を終わります。

と、言いたいところですが、このページを見てる方は

シュテムターンとパラレルターンの違いがわからない初心者の方

ではないかと思うので、滑り方も下記の動画で解説してるので一緒に紹介しておきます。

しかも、

パラレルターンには2種類ある

というのも一般のスキーヤーの方はほとんど知らないという人も多いかと思うので、この3種類の滑り方を説明しておきます。

特に基礎スキー検定(バッジテスト)を受験される人は滑りが全く違うので、滑り方を間違うと不合格になる確率が高くなります。

なので、その辺の説明も追加しておきます。

シュテムターンとパラレルターンの滑り方

Photo:Niseko Grand Hirafu

動画を3つ紹介しておきます。YouTubeのスキーテクニックチャンネルではスキー検定ベースで説明してるので、そこはご理解ください。

シュテムターンをマスターしたい人、足を揃えたいけどなかなか揃えて滑れないパラレルターンを目指す人向けの動画

↑再生後、7分56秒からシュテムターンの滑り方、基礎パラレルターンとパラレルターンの違いについての説明が始まります。

↑2級の基礎パラレルターン小回り、基礎パラレルターン大回りのコツを紹介しています。2級までは「ズラす」という基礎スキーの技術を使います。

1級は2級と同じ「基礎パラレルターン小回り」が登場しますが、2級と1級の滑り方の違いがあります。その違いの説明と、2級までは「基礎」という言葉がついていた「パラレルターン大回り」の解説をしています。

シュテムターンとパラレルターンの違い

Photo:Niseko Hanazono

要はターンが始まる時に

ポイント

  • シュテムターンはターンに入る時八の字になって、それから足を揃えてスキー板を平行にする。
  • パラレルターンはターンに入る時からスキー板が平行になる(足を揃えて滑る)

という滑走の違いがあるだけです。

ターン後半は全く一緒で足を揃えるという滑り方になります。

なぜシュテムターンが存在するのかというと、上達する上でプルークボーゲンからいきなり足を揃えて滑るのは、多くの人にとって難しいことだからです。

なので、その前段階として1クッション入れる、つまりシュテムターンという滑走方法を導入することでパラレルターンの習得がしやすくなるというわけです。

というわけで、

「足を揃えて滑ることができない!」

という方は、ボーゲンからいきなりパラレルターンを覚えようとするのではなく、

ポイント

ボーゲン→シュテムターン→パラレルターン

という順番で覚える方がパラレルターン習得への最短距離ではないかと思います。

実際、上記の動画でもそうですが

級レベル

  • 4・5級:プルークボーゲンのみ
  • 2・3級:シュテムターン・基礎パラレルターン
  • 1級:高度なパラレルターン

という流れになってます。

そして、斜面の難易度も

「緩斜面→中斜面→急斜面」

と級ごとにレベルアップするので、まずは緩やかな斜面から練習しましょう。

そうしないと必ず暴走して怪我やゲレンデでの他のスキーヤーとの衝突につながるので気をつけましょう。

シュテムターンができるとパラレルターン習得が近い。コツは?

上記の動画でも無料で結構解説してるので、興味のある方はまずそちらをご覧いただきたいなと思うのですが、シュテムターンにしろ、パラレルターンにしろ習得を早めるコツがあります。

それは

  • この記事を書いた人

hide

SAJバッジテスト1級所持。(合格証は下記のプロフィールにあり)元アルペンスキー選手がスキー技術向上に役立つノウハウを提供したり、IT、旅、本のことなども記録してます。なお、コメントはブログ・SNSなど返信しないのでご了承ください。

-スキーバッジテスト3級合格方法
-

テキストのコピーはできません。