アルペンスキー練習方法・最新技術・W杯速報

hide
hide
hide
スキーヤー・ブログ著者
Profile
スキー1級所持(証拠はプロフィールにあり)、元アルペン選手が上達法、最新のアルペン・スキー場情報をトップページでお伝えしてます。
プロフィールを読む
hide
hide

このページはアルペンスキーに関する全ての情報を1ページにまとめています。目次からお好きなところをご覧ください。

アルペンスキーとは?歴史・ルール解説

Photo:PHOTOMDP

アルペンスキー競技の歴史は古いのですが、W杯(通称:白いサーカス)が始まったのは1967年1月5日のドイツ・ベルヒテスガーデン(Berchtesgaden)で男子回転が開催されたのが最初です。

 一方、オリンピックはもっと古く、未だ破られていない日本人アルペンスキーメダリストである猪谷千春(北海道国後島出身)さんの1956年コルティナダンペッツォ冬季五輪2位が最高。

W杯は1980年以降、日本人が本格参加し、海和俊宏、岡部哲也、木村公宣、皆川賢太郎、佐々木明、湯浅直樹の6名が第1シード入りを果たしており、メダルは岡部哲也(2位)、木村公宣(3位)、佐々木明(2位最高。表彰台は3回で日本人最多)、湯浅直樹(3位)の4名、そして女子滑降で1993年にオーストリアのサンアントンで川端絵美が3位という記録を残しているのが日本の最高順位です。

スキー発祥の地は諸説あり、ノルウェー説、中国説が有力ですが、IOCの公式サイトによるとロシアやフィンランド、スウェーデン、ノルウェーでスキーが発見されているとの記述もあります。

アルペンスキー競技は名前の通り1922年にスイスのミューレン、地域的に「アルプス」で生まれたので、このような名前になってます。

ちなみに1922年に最初に開催された競技は回転でした。スキーの競技自体はノルウェーやアメリカにありましたが、旗門を通過するスタイルはスイスのミューレンが最初になってます。

アルペンスキーの種目、ルール解説

Photo:須貝龍/cristiano barni

次にアルペンスキーの種目とルールについて解説します。

複合(アルペンコンバインド)滑降またはスーパー大回転と回転種目の合計タイムを競う種目。各種目1回ずつ滑る。今は冬季五輪のみの開催と少ない。
滑降(ダウンヒル)1番スピードが出る種目で時速140キロを超えることも。1番ストレートに滑る種目です。
スーパー大回転(スーパーG)滑降競技の次に速い種目。大回転と滑降競技の間に位置する旗門のスペースがあり、大回りでタイムを競う。時速80キロ前後出る。
大回転(GS・ジャイアントスラローム)スーパー大回転と回転種目の間のインターバルで旗門を通過する種目。上記2つの高速系種目とは違い2本の合計タイムで競う。
回転(スラローム)日本人が1番出る種目で、旗門数が最も多い。細かい連続ターンで2本の合計タイムで競う。
パラレルスラローム2人同時にスタートし、ノックアウト形式で競う種目。主にスキーがメジャーな国同士のスポーツでまだまだマイナーな位置。
ミックスチームパラレルW杯上位16カ国のみ出場できるパラレルスラローム。男女で競う団体種目

日本人は高速系の練習場所がそもそも少ないため(使わせてくれるスキー場がそもそも少ない)、主に海外で練習選手がほとんど。

お金もかかり、怪我のリスクも高いので日本人ダウンヒラーは2018年1月20日のW杯男子滑降第6戦キッツビューエルでの須貝龍選手以降、参戦者がいません。

こういった環境の違いもあり、日本人は回転・大回転を中心とした技術系に集中しており、今日まで成績を残しています。

日本人アルペンスキー歴代ベストリザルト

  1. 回転2位:岡部哲也、佐々木明
  2. 大回転:加藤聖五(2024年1月シュラドミング20位)
  3. 滑降:川端絵美3位(1993年オーストリア・サンアントン)
  4. 番外編:女子回転:安藤麻10位(2021年世界選手権)

アルペンスキー練習方法

Photo:Sapporo Teine

後ほど掲載

アルペンスキー速報

Photo:Akira Sasaki/shutterstock.com

以下はアルペンスキーのニュース記事をまとめています。速報はトップページにあるので、ここでは過去記事として残しておきます。

ABOUT ME
hide
hide
スキーヤー・ブログ著者
スキー1級所持(証拠はプロフィールにあり)、元アルペン選手が上達法、最新のアルペン・スキー場情報をトップページでお伝えしてます。
テキストのコピーはできません。
記事URLをコピーしました