スキーで足が開く問題を一瞬で解決する方法。足を簡単に揃えることができる外足荷重とは?

hide
hide
hide
スキーヤー・ブログ著者
Profile
スキー1級所持(証拠はプロフィールにあり)、元アルペン選手が上達法、最新のアルペン技術、基礎スキーのテクニックを解説。基礎スキーをアルペン競技のように数値化し、「点数が出る滑り」をYoutubeで公開しています。
プロフィールを読む

今回のスキー上達方法は足を揃えて滑りたい人にとって初心者最大の難関であるパラレルターン移行期で起きる「スキーで足が開く原因」についてさらに深掘り解説します。なお、初心者からアルペンスキー選手までの全部のノウハウが詰まってるこちらの本もおすすめです。

以前もスキーのパラレルターンで足が開いてしまう原因と解決方法という記事を書いているので、これでできた人も多いかと思うので、気になる人は動画と記事を参考にしてみてください。

今回は

[st-kaiwa3]それでも足が開いてしまう!スキーのパラレルターンはスピードがメチャクチャ出て怖い![/st-kaiwa3]

という人のために解説します。

結論から言うと

スキー初心者ほど、足が開いたり、焦ってパラレルターンをしようとして、不安定で見栄えの悪い滑り方をする

というのをよく見ます。

*こんなカンジ

今回はスキーの2大重要要素の1つ

「外足荷重」

をお伝えします。(もう1つの要素は腰のポジションです。ここでは割愛しますが、要はお尻を下げるないということです。私のプルークボーゲンの写真くらいの位置にお尻があると安定し、スキーも操作しやすいです。)

正しい腰の位置と外足荷重でほとんどのゲレンデが滑れるようになります。ホント、この2つでフツーに滑れるようになります。さらに1つ追加するなら、初心者は足に気を取られるので、ターンとターンの間にストックを使うとお尻の位置が高くなり、ラクに操作できるのでぜひストックも活用してください。

これを覚えると、

ラクに足を揃えたパラレルターンができ、かつ暴走しないスキーの滑り方になる

ので、必ず覚えてください。

こんな方におすすめ

  • スキーのパラレルターンで足が開く、どうしてもできない人
  • スピードが怖くて足が開いてプルークボーゲン(八の字)に戻ってしまう人
  • 周りに教えてくれる人がいない人
  • 小回り(ショートターン)・大回り(ロングターン)で足が開く人
  • スキーの足の開き具合、角度を知りたい人

こんな方にはおすすめの練習方法です。

スキーで足が開く原因を先に知る。パラレルターン前に習う外足荷重って何?

Photo:Sapporo Teine

下記の動画で外足荷重について、解説しています。

要は

スキー重要ポイント

  • 上記の写真のように左に曲がるときは右足が外足
  • 逆に右に曲がるときは左足が外足

であり、この「外足に体重をかける」と覚えてください。

下記にイラストがあるのでこちらも参考にしてください。

プルークボーゲンでの外足荷重・体重移動のタイミングはココ

初心者の方で初めて外足荷重に挑戦する方は、まず低速で八の字滑走のプルークボーゲンで体感することをおすすめします。

要はボーゲンもパラレルターンも赤矢印の足に体重をかけるイメージです。(矢印がスキー板)

パラレルターンの外足荷重のタイミングはココ

プルークボーゲン、そしてシュテムターンができるようになったら、次はパラレルターンでの外足荷重に挑戦してみてください。

シュテムターンはパラレルターンの前段階で、いきなり全部足を揃えるのではなく、曲がるときだけ八の字で滑る滑り方です。

プルークボーゲンの外足荷重とパラレルターンも実は基本一緒です。

なので、スピードが怖いという人はまず八の字でゆっくり滑りながら、曲がる感覚を覚えるとターンの流れがわかるようになります。

これらを全部動画にしてるので、気になる人は下記の動画も一緒にご覧ください。

ちなみに足を揃えて滑るレベルはスキー検定で言うと3級の段階になります。

なので、これをマスターすれば3級レベルになるということなので、今回は過去のノウハウ以外にさらに追加して教えたいと思います。

足が開く原因はそもそも不安定な状態だから。ガッチリ安定した滑りには外足荷重が必須

Photo:Sapporo Teine

もう1度この外足荷重の写真を見てみましょう。

そもそも何でスキー初心者がこのプルークボーゲンを最初に習うかご存知ですか?

色々理由はあるのですが、最大の理由は

ポイント

  • 他のターン練習とは違い、外足荷重をガッツリできるため(体重を思いっきり外足に乗せれるため)
  • 低速で初心者にも優しい滑り方のため
  • スピードがないので怪我のリスクも低い

という3つの理由があります。

今更プルークボーゲン?八の字?ダサいわそんな滑り!早く足を揃えて滑りたいんだ!

という気持ちがわかるのですが、ここをすっ飛ばしてしまうと、下記のイラストのような

「カッコ悪い滑り方」

になります。

この滑りになってる人はプルークボーゲンの練習を怠り、スキーの意味を理解していない証拠です。

焦る気持ちはすごーーーくよくわかるのですが、

家と一緒で基礎ができていないとバランスが崩れる滑りになる

ので、もし足が開く、足を揃えられないのであれば一旦

全てのスキーの基礎が詰まってるプルークボーゲンに戻ってみましょう

上級者もオリンピック選手もみんなここに戻って確認作業するくらい、プルークボーゲンはよくできた練習方法なのです。

そもそも何で外足荷重を覚えないといけないの?「面倒だわ」と思う方は一生スキー上手くならない

左の矢印方向に重力の力が引っ張られるので、これを外足で利用しラクにターンするのです。

そもそも何で外足荷重をしないといけないのか?

答えは

ABOUT ME
hide
hide
スキーヤー・ブログ著者
スキー1級所持(証拠はプロフィールにあり)、元アルペン選手が上達法、最新のアルペン技術、基礎スキーのテクニックを解説。基礎スキーをアルペン競技のように数値化し、「点数が出る滑り」をYoutubeで公開しています。
テキストのコピーはできません。
記事URLをコピーしました