SAJスキー検定1級・2級不合格率70%以上の原因を解説

hide
hide
hide
スキーヤー・ブログ著者
Profile
スキー1級所持(証拠はプロフィールにあり)、元アルペン選手が上達法、最新のアルペン技術、基礎スキーのテクニックを解説。基礎スキーをアルペン競技のように数値化し、「点数が出る滑り」をYoutubeで公開しています。
プロフィールを読む

今回のスキー上達方法とコツはSAJのスキーバッジテスト(検定)1級・2級の合格率がなぜこれほどまでに低いのかを解説します。

常に上達ノウハウを提供。チャンネル登録する際、ベルマークの「すべて」で登録しておくと新着動画を受け取れます。

この世界は80対20の法則というのがあり、SAJのスキー検定もだいたいこの法則に当てはまります。(全国的に)

この記事の中でザックリとした数字になりますが

1級2級合格率

  • 1級:20〜30%
  • 2級:30%〜40%

という合格率を紹介しました。

ちなみに私が1級と2級を受験した時の合格率はこうなってます。

某受験会場

  • 1級:50%(10人中5名合格)
  • 2級:24.14%(29名中7名合格)

という合格率になってます。

全国平均とは真逆で、1級の方が合格率高いという日に私は当たったんですよね。

この数字になる背景には、上級者が1級受験に来てた割合が高かったというのが当時の私の印象で、

①ちゃんと検定種目の狙いを知っていた上で、②練習もしてきた

という人ばかり集まってました。

一方、2級受験の時は24%ほどで、合格率が低いのがわかるかと思います。

なぜこういったことが1級と2級で起きるのか。

なぜ全国的に不合格になる確率の方が圧倒的に高いのかを今回は解説します。

1級・2級の不合格率が高いのはスキーが下手だからではなく、完全なリサーチ不足が大多数

Photo:Niseko Hanazono

これが結論です。

もちろん、練習不足の人もいます。ただ、全国の級別テスト動画や雑誌、私が実際に検定を受けにいった時の現場のレベルなどから見ると

知識不足が圧倒的

です。

別の言い方をすれば

ちょっと練習すれば1級、2級合格する人がかなりいる

ということです。

こういったことが事前にわかっていたので、2023年夏に不合格者の特徴についてYouTubeのスキーテクニックチャンネルにて動画をアップし、情報共有させていただきました。

多くの人が不合格になる理由はこちらの動画に全部書いてます。

多くの人が陥っているスキー検定不合格理由がこちら

1級・2級に役立った参考書

新しい本が出たらアップデートします。2024年3月に1級合格までに役立った書籍です。検定試験ですから試験勉強やスキーの運動の意味をきちんと理解しておくと、後々役立つことがあります。読むのが苦手な人はYouTubeにもあるので、動画から入ると小中学生にもわかりやすいでしょう。

私のYouTube動画サイト、スキーテクニックチャンネルの過去動画でも色々解説してます。

おすすめ書籍

「そんなの知らねーよ」は通用しない時代。検定の情報はあちこちで公開されてます。

小中学生や練習時間がほとんどない人が不合格になるのであればまだわかるのですが、高校生以上が1級2級で

合格できるレベルなのに不合格になっている

というパターンの多くが

「調べる力がない」

ということがわかっています。

中には合格できる力があるのに

スキー検定のターンの仕方」を知らないまま受験する

という人も現場でおり、検定員に「なぜ落ちたんだ?」と理由を問い詰める人もいました。

モーグルの世界で評価されてる滑りをしても、スキー検定では評価されないということを知らなかった人もいました。

つまり、

事前に調べなかった

ということがわかり、現場に行って私は

本当に調べないで受験する人いるんだー

と思ったものです。

スキーテクニックチャンネルでもかなり取り上げているのですが、それでも見ない人が大多数なので、仕方ないと言えば仕方ないのかなーと思ったりもします。

技術の差というより、能力の差で不合格になっている人かなり多いです。

では、今度は逆に合格している人はどんなことをしているのか?

練習もそうですが、行動も結構違うかと思います。

もちろん、適当に受けに行って1級・2級に合格する人もいますが、合格者のほとんどはこの2つの行動をしてると思うので、次にそれを紹介します。

スキーバッジテスト1級・2級に1発合格する人の行動

画像を拡大するとわかりますが、私は2級2024年2月18日、1級は同年3月3日に1発合格してます。

練習はもちろん大切ですが、それでも不合格になる人が圧倒的に多いでしょう。

1級・2級の技術のレベルが高いと思われる方もいるかと思いますが、上級者でも不合格になる人もいます

では、いったいリサーチ以外に何が足りないのか?

それは以下の2点です。

ABOUT ME
hide
hide
スキーヤー・ブログ著者
スキー1級所持(証拠はプロフィールにあり)、元アルペン選手が上達法、最新のアルペン技術、基礎スキーのテクニックを解説。基礎スキーをアルペン競技のように数値化し、「点数が出る滑り」をYoutubeで公開しています。
テキストのコピーはできません。
記事URLをコピーしました