スキー小回りの滑り方のコツ
PR

動画:急斜面でズラしても速いパラレルターン小回りの滑り方

hide
hide
hide
スキーヤー・ブログ著者
Profile
スキー1級所持(証拠はプロフィールにあり)、元アルペン選手が上達法、最新のアルペン技術、基礎スキーのテクニックを解説。基礎スキーをアルペン競技のように数値化し、「点数が出る滑り」をYoutubeで公開しています。
プロフィールを読む

今回のスキー上達方法とコツにあるスキー1級合格方法は1級・プライズテスト「テクニカル」、アルペン競技のスラロームで上級者が使う急斜面パラレルターン小回りのテクニックについて詳しく解説します。

こちらのSAJバッジテスト1級の基礎パラレルターン小回りの連続写真を見てると、合格者と不合格者の大きな違いの1つに

合否の違い

  • ターンの仕方
  • ターン幅
  • 腰の位置
  • ストックワーク

この4つのどれかが崩れて、不合格になる人が多いです。

今回はこのうちの2つ

今回の話題

  • 急斜面におけるターンの仕方
  • ターン幅

に絞ってお伝えします。

なお、その他の合格・不合格の違い、実際に合格したレベルの滑りを下記の動画にて解説してるので、気になる人はYouTubeのスキーテクニックチャンネルを登録しておいてください。

過去動画にも急斜面の滑り方に関するノウハウいっぱいあります。

*1級検定直前の練習の滑りが下記の動画にあります。普段の急斜面の滑り方を1級検定向けにアレンジされてることに気づいた人どのくらいいるかな?(上記の動画が普段の急斜面の滑りです。下記は中斜面での練習映像になってます。)

こんな方におすすめ

  • 検定には興味ないけど、急斜面で暴走してスピードが出て怖いという方
  • 急斜面でスピードコントロールされた滑り方を知りたい方
  • スキー検定1級レベルの急斜面の滑り方を動画で実際に見てみたい方
  • 1級不合格になった方
  • 1級のターン幅、ズラし方を知りたい方

1級で合格する急斜面でのパラレルターン小回りの滑り方とは?「基礎」って何?

Photo:Sapporo Teine(最大斜度34度、1972年札幌五輪女子大回転の急斜面)

一般的に急斜面の角度は諸説ありますが、全日本スキー連盟(SAJ)バッジテスト(検定)における定義によれば

25度以上

となってます。

2級までは中斜面をメインに検定を行いますが、1級は不整地(コブ)以外は急斜面設定が基本となります。

そのため、1級検定の基礎パラレルターン小回りは、よりミスが出やすい急斜面を使うことになってます。

急斜面は黙っていてもスキーが暴走していきますから、合格するためには

ポイント

  • スピードコントロールできてるか?
  • ストックは適切に使えてるか?
  • 2級よりレベルが高いターン

こういった点が見られます。

もし、急斜面で止まれない初心者の方、中級の方で困ってるという人は、このスキー検定の滑り方を覚えておくのも1つの方法です。

ちなみに急斜面が苦手という人は検定とは関係ないですが、こんな動画もスキーテクニックチャンネルであるので参考にしてください。

一般の人も使える暴走しない「基礎パラレルターン小回り」とは?

そもそも

基礎パラレルターン小回りって名前、聞いたことねーよ。

という人も多いかと思います。

要は

暴走しないショートターン(小回り)のこと

です。

詳しくは下記の動画で解説してるので知らない人は参考にしてください。

簡単に説明すると

ポイント

  • 基礎パラレルターンとは板のテール部分(金具より後ろ)を車のドリフトのように横向きにして、小さなブレーキをしながら急斜面や中斜面での暴走を防ぐスピードをコントロールしやすい滑り方(スピードを制御するのが前提)
  • パラレルターンとは90年代までは足を揃えて滑る滑り方を指してましたが、カービングスキー板が普及した2000年以降は、「カービング要素の入った足を揃えて滑る滑り方」をパラレルターンと呼んでいる(スピードを出すのが前提)

わけです。

あくまでも全日本スキー連盟(SAJ)での話なので、一般社会の認識とのズレがある人も多いかと思いますが、こういった2種類のパラレルターンが実は存在するということを頭の片隅にでも入れておいてください。

SAJバッジテスト1級に合格した急斜面での基礎パラレルターン小回り、2つのコツ

さて、話を戻して本題である

  • ターン幅
  • ズラしてもターン後半の加速(推進力)する1級向けの急斜面小回りの滑り方

の2点をここからお話ししたいと思います。

1級基礎パラレルターン小回りのターン幅はどのくらい?

簡単に言ってしまうと、

5mから5.5m

です。

この数字の根拠はバッジテストの延長線上にある全日本スキー技術選手権の小回り規定のターン幅がこの5mという枠だからです。なので、1級検定で絶対必須というルールではないので注意してください。

あくまでも参考値です。

実際問題、技術選とスキー検定の滑り方も微妙に違ってくるのですが(ターン弧を描く必要があるのが検定)、今風の小回りの幅というか枠内がだいたい5mと覚えておくと良いです。(2024年時点の話)

なので、上記の私の1級合格動画(点数つき)を参考にすると、合格できるかなと思います。

ただ、こちらの本にあるP93の受験者の方のようにターンスペースが大きすぎると69点以下の不合格点数がつくので、失敗例も見ておくと非常に参考になるかと思います。

1級小回り合格者との違いがP93に出てますが、70点取ってる方々は下半身の足が伸びきってなく、上に力が抜けてないことがハッキリと出てます。

急斜面においてはこの「棒立ち」になるとスキーが暴走し、板がその分走ってしまうので、板が走った(滑った)分だけターン幅が大きくなり、検定員から

「スピードコントロールできてない」

と認識され、減点要素となる可能性が高いです。(アルペン競技で言う「ターンを待ってる状態」が出てます)

解説が本に書かれてるので、気になる人は参考にしてみてください。

2級とは違う、1級レベルの推進力のあるターン後半加速するズラす滑り方

Photo:Niseko Hanazono

さて、この記事の肝の部分とも言える

「1級レベルのテールをズラしても速い急斜面小回りのターン」

とはどのような滑り方なのか?

記事冒頭でも「コレできてます?」と目立つように書きましたが、1級検定では2級と同じ名前である「基礎パラレルターン小回り」という種目があります。

2級は中斜面、1級は急斜面に設定されるのが普通なのですが(会場によって微妙に違う)、実はこの「基礎パラレルターン小回り」という同じ名前ですが、1級と2級では滑り方が少し異なります。

この違いを知らないまま受験して不合格になる方もかなり多いので注意してほしいのですが、1級は

「推進力も」

求められます。

要はターン後半の加速ですね。

実は以前この1級と2級の基礎パラレルターン小回りの違いを解説しましたが、1つ抜けてることがあります。

動作的な解説はこの動画で十分なのですが、1つ工夫している点があります。

これはアルペンスキー選手時代も使っていたテクニックですが、選手経験者であれば

「ズラしても速いターンテクニック」

を知ってますし、使ってます。

アルペンスキーW杯の回転、大回転を普段J -SPORTSなどで研究してる人ならわかるかと思うのですが、この技術を1級に私は落とし込んでます。(でも加点はつかなかった。苦笑)

1級は

「なぜか小回りだけ基礎がつく」

という設定です。

基礎とはズラしのことと何度もスキーテクニックチャンネルとsnowweb.jpで言ってますが、1級は2級よりも推進力が必要というのはスキーテクニックチャンネルを普段見てる人なら理解してるはずです。

確かに上記の動画の通りセンターポジションに腰をセットし、上下の動きを使えば板がしなり、ターン後半加速するのですが、もう1つ工夫があります。

その急斜面におけるテクニックとは

ABOUT ME
hide
hide
スキーヤー・ブログ著者
スキー1級所持(証拠はプロフィールにあり)、元アルペン選手が上達法、最新のアルペン技術、基礎スキーのテクニックを解説。基礎スキーをアルペン競技のように数値化し、「点数が出る滑り」をYoutubeで公開しています。
テキストのコピーはできません。
記事URLをコピーしました