初心者から上級者までの
アトミックスキー板販売店
PR

高速系のキルデがなぜSLも速いのかがわかるアトミックスキー板のしなり方

hide
hide
hide
スキーヤー・ブログ著者
Profile
スキー1級所持。元アルペンスキー選手が基礎スキー検定と競技の滑り方の違い、初心者から上級者までの上達法を日々提供しています。実績や賞状はプロフィールにあります。
プロフィールを読む
hide
hide

今回は業務連絡を兼ねて、アルペンの過去記事をまとめておきます。snowweb.jpトップページからアルペンや基礎に関する速報、技術解説を見れるようにしました。ほぼ毎日更新なので気になる人は下記ページをブックマークしてご覧ください。

あわせて読みたい
スキー板の選び方から基礎(検定)、アルペンW杯などの最新情報まとめ
スキー板の選び方から基礎(検定)、アルペンW杯などの最新情報まとめ

上記のリンク先では

  1. ブラジル代表になったブラーセンが行う財団による選手育成の考え方
  2. FISレース会場である北海道かもい丘スキー場でクマ発生
  3. オーストリアスキー連盟がFISを提訴
  4. 小山陽平選手の近況
  5. 技術選で活躍してる鈴木紗英選手(旧姓: 西村)がオガサカからサロモン移籍

などの情報があります。

気になる人はご覧ください。(Xアカウントが必要です)

スポンサーリンク

高速系のキルデがなぜSLでも速いのかがわかる1枚の写真。アトミックスキー板のしなり方

使用しているスキー板はatomic REDSTER S9 FIS M 165かな?と思われますが、動画を見てもそこまで高速ではないです。

ただ、気になるのは

POINT
  1. スタートしてわりとすぐの状態?
  2. 緩斜面
  3. 屋内スキー場

という点です。

写真の光景からして、おそらく高速とまではいかない状態で撮影した1枚の写真ではないかと思うのですが、動画を見ても

hide
hide

スピードの割にはずいぶん、アトミックのSL用スキー板がしなってる感じが・・・。アイコンビンディングのせい?ウッドコアに改良を加えてる特別仕様?

なーんて妄想をしてしまいました。

もちろん、彼はダウンヒラーですから体重も重いはず。

乗っている位置もきちんとセンターポジションですが、サロモンスキー板アトミックスキー板でも解説したXビンディングとの違いがひょっとすると写真にも現れてるのかも?しれないなーとちょっと感じました。

ちなみにサロモンのデモモデルは基礎スキーや技術選向けにさらにたわみが出るようサロモンプライムシリーズを展開しており、ヘッドのスキー板もたわみを増加させるためアルペンの板のままにし、プレートをサロモン同様にセパレートにすることでたわみを増やす工夫をしてます。(FISレギュレーションは別)

ちなみにキルデは2022年北京冬季五輪で男子複合で銀メダルを獲得しており、マルコ・シュオーツ(オーストリア)とは僅差で、回転競技の技術レベルも実は結構高いことが証明されています。

2022年男子複合2本目のキルデの滑り。人数こそ少ないですが、スラロームが得意なマルコ・シュオーツにSLだけで0.36秒差。SLは6位のタイムで銀メダルでした。キルデのSL技術の高さがわかります。

*北京五輪2本目SLリザルトと動画は下記リンクへ

https://x.com/hide_skiarea/status/1805806672751083821

理由はなんにせよ、スキーテクニックは技術系でもハイレベル

というのが1枚の写真から見て分かります。

また、1月のウェンゲンでの大転倒で大手術からカムバックしたキルデですが、足の調子もだいぶ戻ってるようですw

きっとアトミックのブーツもレースだけでなく、踊りに適してるのでしょうw

という話は置いておいて、GSでもゼルデンの開幕戦でいつも第2シードにはいますし、2024年のスイスのアーデルボーデンでの男子大回転では2位に入ってますから、体力とスケジュールさえ整えば

キルデは4種目戦えるレベル

というのが過去の成績からもわかります。

同じく怪我をしたマルコシュオーツも本来2023−2024シーズンは4種目戦い、オデルマットに挑んでましたが、キルデも4種目全部ハイレベルです。

オデルマットの弱点はSLの実績がほとんどないこと。(FISレース出たくらい)

この2人と、35歳のマルセル・ヒルシャーが復帰なので、彼らがどこまでオデルマットにプレッシャーを与えるか楽しみです。

あわせて読みたい
速報:Vandeerスキー創業者マルセル・ヒルシャー、オランダ代表でアルペンスキーW杯復帰か。ニュージーランドFISレースを計画
速報:Vandeerスキー創業者マルセル・ヒルシャー、オランダ代表でアルペンスキーW杯復帰か。ニュージーランドFISレースを計画

とりあえず、カービングターンの参考になる動画だったので、アルペンレーサーはもちろん、技術選や基礎スキーやってる人も参考になるターンかと思うので、キルデの動画をピックアップして紹介しました。

アルペン、基礎の最新情報はトップページからリンク貼っておきます。

最後は業務連絡ですが、しばらくアルペンと基礎の最新情報をトップページの1番目立つところからリンク貼っておきます。(下記ページに移動します)

あわせて読みたい
スキー板の選び方から基礎(検定)、アルペンW杯などの最新情報まとめ
スキー板の選び方から基礎(検定)、アルペンW杯などの最新情報まとめ

このページに速報をどんどん流していくので、気になる人は直接見にきてください。(検索でsnowwebと検索すると1番上に出ます)

SNSは最近表示の仕組みがまた変わって、うまく読者さんに更新通知できない状態なので、ここでお知らせしておきます。

また、従来とは違いマテリアルに関するマニアックな話とかもできればと思ってるので、気になる人は日々チェックしにきてください。

スポンサーリンク
ABOUT ME
hide
hide
スキーヤー・ブログ著者
スキー1級所持。元アルペンスキー選手が基礎スキー検定と競技の滑り方の違い、初心者から上級者までの上達法を日々提供しています。実績や賞状はプロフィールにあります。
テキストのコピーはできません。
記事URLをコピーしました