スキーバッジテスト2級合格法

スキーのローテーションとは?上半身が回って上手くターンできない人の解決法

今回のスキー上達方法とコツは上半身が先に回ってしまってかっこいいターンができないという人向けの解説です。YouTube動画のスキーテクニックチャンネルでも上達法を解説してるので気になる人は登録しておいてください。

こんな方におすすめ

  • ターンする時に上半身が先に回ってしまい上手にターンができない人
  • SAJバッジテストのスキー1級、2級不合格になった人、または合格したい人
  • 上半身が先に回ってしまい内倒してしまう人


こういった方には役立つかと思います。

スキーのローテーションとは?意味と解決方法

特にフォールラインを意識すると上半身が先に回ってしまう人は多いです。

まずスキーにおけるローテーションの意味から解説しますが、要は

ターンしようとする際に、上半身が先にクルッと回ってしまう現象(下記の*1画像参照)

のことを指します。

*画像1(右側のような滑り方。内足に体重がかかる滑り方をするパターン)

特に上記のスキーテクニックチャンネルに出てくる上達動画系を見て、そのまま実践しようとすると多くの人は上半身の向きを意識するので、脳の運動処理能力が限界となって下半身まで動きを意識できない時によくローテーションが起こります。

ピアノで言うと、両手で弾こうとしても片方しか弾けないような現象に似ています。(上半身または下半身どちらかしか動いてくれない状態)

問題は

練習でミスするのは問題ないですが、お金がかかっている基礎スキー検定(バッジテスト)本番でこれをやる人がすごく多い

ということです。

しかし、

アルペンスキー選手には少ない

という傾向もあります。(理由は記事後半で解説)

検定料金に加え、リフト券代や交通費などをかけて高いお金を払って、わざわざ不合格になりに行く人がバッジテスト(検定)に非常に多いわけです。

では、このローテーションを治す方法はないのか?

いろいろやり方はあるかと思いますが、個人的には

「動きを1つ1つ反復練習して完全に体に覚え込ませる」

という方法が1番スキー上達への近道ではないかと思います。

これはローテーションに限った話だけでなく、スキー技術全般に言える話なので、気になる人はこのまま読み進めてください。

ローテーションを治すには下半身から治す。プルークボーゲンで修正する。

以前、プルークボーゲンはW杯やオリンピック選手でも技術の確認のために永遠とやる練習方法の1つと書きました。

なぜプルークボーゲンをやるのかというと、スキー操作を覚える順番として

順番

  • 正しい腰のポジション
  • 外足荷重
  • ストックワーク
  • 他の細かい技術

という1〜3の段階がまずあって、4番の他の細かい技術を学ぶ方が上達スピードが上がりやすくなります。

特に1番をおそろかにすると途中で「全く上達しない」という時期に差し掛かります。

車で言うと腰はエンジンに当たる部分であり、腰を痛めたり、お尻が落ちたような滑りをすると全ての体の部位(パーツ)に影響を与えますし、スムーズに動いてくれません。逆にエンジン、つまり腰の位置が正常ならば多少パーツがダメでもどんな雪質や斜面でも走って滑ってくれます。

私の滑りがプロレベルでなくても、アルペンレースで一桁順位を取れたのは腰の位置が大きく影響しています。ちなみにプロでもインターハイに行けなかった人もいます。

そして3つの動きができれば4番、つまり他の技術に当たる「ローテーション」の修正が初めて可能になります。逆にストックワークや外足荷重、正しい腰のポジションがダメだと上半身のローテーションを治すにはなかなか大変になります。

スキーで上半身がローテーションする最大の原因

上記で3つの基礎技術を学んでから4番の他の技術を習得すると書きました。

この3つができないとほぼ間違いなく上半身がローテーション(回る)するのです。

なぜか、

それは

外足荷重ができてないから

です。

おそらく上半身がローテーションしてしまう人のほとんどは外足荷重ができていません。

なので、上半身が先に回ってしまう人やバッジテスト1級、2級に合格できない人は3級の基本練習から徹底的にやり直すことを強くお勧めします。

なぜ外足荷重をするか?

上記で

「一般のスキーヤーにローテーションが多いが、アルペンスキー選手には少ない」

と書きました。

しかも、アルペンスキー経験者はゲレンデスキーヤーに比べ、1級一発合格する人が結構多いです。

 なぜこんなことを書いたかと言うと、アルペンスキー競技は外足荷重を覚えないと「そもそもタイムが出ない」という致命的問題があるので、競技初心者の頃から徹底的に治されます。

一方、ゲレンデスキーヤーは

自分の好きなタイミングでしかターンしたことがない

という人がほとんどであり、矯正された経験がない人がほとんどでしょう。(下記リンク参照)

気持ちの良いゲレンデスキーヤーは自分の理想のラインを滑ろうとしますが、アルペンスキー競技は自由にターンできません

ポールセッター(旗門を立てる人)が指定したコースで最速タイムを競わないといけません。

なので、

「どんなターン、スピード、雪質でもタイムが出る滑り」

を追求します。

そうするとこんな型になってきます。

Photo:Niseko Hanazono

一言で言ってしまうと

外足荷重をすることで、上半身がロックされるので、ローテーションしずらい

というわけです。

外足荷重でなぜローテーションしないのか?

さて、話をプルークボーゲンに戻します。

以前、パラレルターンできない人にボーゲンできない人が多い理由という記事でプルークボーゲンの8つのメリットを紹介したことがありますが、低速でゆっくりと滑ると動きの1つ1つを理解できるので、まずはボーゲンで外足荷重を正確に行ってほしいのです。

ではなぜボーゲンがローテーション防止に良いのか?

次にその説明をします。

理由は

  • この記事を書いた人

hide

SAJバッジテスト1級所持。(合格証は下記のプロフィールにあり)元アルペンスキー選手がスキー技術向上に役立つノウハウを提供したり、IT、旅、本のことなども記録してます。なお、コメントはブログ・SNSなど返信しないのでご了承ください。

-スキーバッジテスト2級合格法
-

テキストのコピーはできません。