スキーパラレルターンの滑り方

パラレルターンとカービングターンの違いとコツをイラストと動画で解説

10月 14, 2023

Photo:Niseko Hanazono

今回のスキー上達方法とコツはパラレルターンとカービングターンの違いをイラストや動画を使って解説します。YouTubeでも様々な上達法を紹介してるので、スキーテクニックチャンネルを登録しておくと便利です。

まず動画で見比べてみましょう。下記の動画再生後6分58秒のところで2つの比較動画が出てきます。

画面左が世間一般のパラレルターン、右がカービングターンです。実はどちらもパラレルターンになります。(下記で解説)

注意:右側の直滑降のようなクローチング姿勢は関係ないです。板のテール部分(後ろ)に注目してください。雪煙の量が圧倒的になくなりスピードが出るのがカービングターンです。

おまけ:

1枚のイラストというか、図で説明すると以下の通りになります。

正式には3番が世間で言うカービングターンになります。

別記事でも使ってる画像なのでシュテムターンが余計に入ってますが、要は

2番が多くの人がイメージするパラレルターンで、3番がカービングターン

となります。

 しかし、全日本スキー連盟(SAJ)の種目でいくと、カービングターンという種類はなく、パラレルターンが2種類あるということになります。

違いは

ポイント

  • 基礎パラレルターン:スキー板の後ろ(テール)をズラす滑り方
  • パラレルターン:いわゆるテールをズラさないカービングターン。線路のような線を描くので別名レールターンとも呼ばれる。

となってるわけです。

ややこしいですよね・・・(汗)

基礎スキー検定で言うと1級まではズラす滑り方、1級の一部含む1級以上がカービングターンの検定級(テクニカル・クラウン)となるわけです。

1級が技術の境目と覚えればだいたいOKです。(1級の基礎パラレルターン小回りでフルカービングで滑ると不合格点になります。詳しくは下記の1級攻略動画をご覧ください。)

基礎スキー検定(バッジテスト)の種目一覧

このSAJの基礎スキー検定種目を見ると、どこにも「カービングターン」とは記載されてないですよね。

つまり正式には

ポイント

  • カービング→SAJ的にはパラレルターン
  • パラレルターン→SAJ的には基礎パラレルターン

という解釈になるので、分類というか滑り方の種類にはちょっと気を付けておきましょう。

どちらもパラレルターンなんですけどね。要はスキー板が並行になってればパラレル(並行)なので。

さて、パラレルターンとカービングターンの違いがわかったところで、コツも紹介しておきたいと思います。

技術的なパラレルターンとカービングターンの違いってなに?

違いについてはYouTubeのスキーテクニックチャンネルで説明してるので、無料で知りたい人はこちらを参考にしてください。

ちなみにオープニング映像はショートターンですがカービングで滑ってます。(急斜面は少々落とされてますけど^^;)

動画後半に「レールターン」(カービング)と基礎の違いというテーマで解説してますが、要は

ポイント

  • 世間で言うパラレルターン(正確には基礎パラレルターン)はテールをズラす
  • カービングターン(正式名称はパラレルターン)はテールをズラさない

という違いです。

実際に比較するとカービングターン(パラレルターン)が上記の1級動画30分以降で説明し、滑り方を動画で解説しています。(クローチングを組むということではないので注意してください)

そして世間で言うパラレルターン(正確には基礎パラレルターン)は下記の動画再生後7分40秒当たりの滑り方となります。

問題は

多くの人はパラレルターン(基礎)はできるけど、カービング、いわゆるレールターンができない

という壁にぶつかるかと思います。

一応、上記の1級動画でも解説してるので見てほしいですが、それでも理解できないという人はカービングスキーの特徴を理解するともっと上達が早くなるかもしれません。

そこでカービングの滑り方をさらに深掘り解説してみようと思います。

カービングスキーテクニックができないという人のための練習方法

テールをズラすパラレルターンとカービングスキーの最大の違いは何か。

それは

「スキー板の形状を利用する」

という練習方法です。

そのやり方は以下の通りです。

  • この記事を書いた人

hide

SAJバッジテスト1級所持。(合格証は下記のプロフィールにあり)元アルペンスキー選手がスキー技術向上に役立つノウハウを提供したり、IT、旅、本のことなども記録してます。なお、コメントはブログ・SNSなど返信しないのでご了承ください。

-スキーパラレルターンの滑り方
-

テキストのコピーはできません。