ski
PR

シフリン、ステンマルクのアルペンスキーワールドカップ86勝まであと1勝。最短でいつ達成?

hide
hide
hide
スキーヤー・ブログ著者
Profile
スキー1級所持(証拠はプロフィールにあり)、元アルペン選手が上達法、最新のアルペン・スキー場情報をトップページでお伝えしてます。
プロフィールを読む

30年以上、アルペンスキーワールドカップの世界ではスウェーデンのインゲマル・ステンマルクの86勝という記録は破られず彼は

「神」

とまで言われる存在でした。

が、その神の領域に入り、さらに高次元の世界にいく瞬間を私たちは2月に目撃する可能性が非常に高くなりました。

まずは85勝の瞬間をご覧ください。

最速であれば、スピンドレルフムリン(Spindleruv Mlyn)で29日に行われた女子回転第9戦でステンマルクに追いつく可能性がありましたが、残念ながら2位という結果でした。(安藤麻選手は2本目進めず)

ここで一旦W杯はお休みになり、フランス・メリベルでのアルペンスキー世界選手権期間に入るので、最短だと

  • 2月25日:スイス・クランモンタナ女子滑降
  • 2月26日:同会場でのスーパーG

となります。

スピード系でも優勝するようになったシフリン。

男子も総合狙うにはオールダウンダーという時代に戻ってきてますが、女子でも独走しているのはやはりオールラウンダーになって4種目で勝てる力のあるシフリンが勝利を量産しています。

早ければスイスでステンマルクに追いつき、追い抜く可能性があるでしょう。

果たして今季中に86勝、87勝と記録できるのか。

要注目です。

なお、王手がかかってる女子回転種目別優勝も次のSLで決定する可能性が濃厚なので、7年連続SL王者を決める可能性もあります。

ABOUT ME
hide
hide
スキーヤー・ブログ著者
スキー1級所持(証拠はプロフィールにあり)、元アルペン選手が上達法、最新のアルペン・スキー場情報をトップページでお伝えしてます。
テキストのコピーはできません。
記事URLをコピーしました