スキーパラレルターンの滑り方

カービングスキーのターン難しい?初心者向けの練習方法を動画と画像で解説

Photo:Niseko Hanazono

今回のスキー上達方法とコツは「カービングスキーのターンが難しい」という人のために前半は簡単なコツ、後半は詳しい練習方法を解説します。なお、YouTubeのスキーテクニックチャンネルで様々な上達方法をアップしてるので、気になる人はチャンネル登録しておいてください。

パラレルターンはできるけど、カービングするときにどうしてもズレてしまう。どう練習すれば滑れるのかわからない。
カービングスキーの板がたくさんスキー用品店で販売されてるけど、どれを選べば良いかさっぱりわからない

こんな悩みに答えます。

カービングスキーテクニックのコツを解説。パラレルターンと何が違うの?

すごーくわかりやすく1枚の写真で説明すると、通常のスキーのターンとカービングスキーのターンはこのような違いがあります。

*画像をクリックすると画像のみ見れます

イラストで説明するとこんなターンのイメージになります。

1番はシュテムターンなので関係ないですが、2番が世間一般で言うパラレルターン(正確には基礎パラレルターン)で、スキー板(点線矢印)がターンの際に横向きに変化してるのがわかるかと思います。その際に、ズレが生じます。

いわゆる「基礎スキー」と呼ばれる技術はこの「ズレ」を使った技術のことを指します。要はスピード制御しながら滑るという滑り方です。(タイムを競うアルペンスキー競技でこの滑り方はスピードが出ないので基本使わないです)

 一方、カービングターン(全日本スキー連盟的にはパラレルターンと呼ぶ)は横向きにすることがなく、1本の線を描いていくシャープなターンとなります。

 なぜこうなるかというとエッジを立てて滑り続けるから、結果的に1本の線になります。実際の比較動画が下記にあるので、参考にしてください。(再生後6分55秒から。右側はクローチングを組んでますが、練習映像から切り取ったものなので、このフォームはしなくて良いです。)

よく見ると

ポイント

  • 左側の基礎パラレルターンは雪煙が多く、右のカービングターンに比べ板を横向きにしてる時間がある。
  • 右側のカービングターンは2本のラインが板のテール部分(後ろ)から出てる。線路のように見えるので別名「レールターン」とも呼ばれる。一方、基礎パラレルターンには2本のラインが出ていない。

こういった違いがあります。

 特に1番大きな違いは

スキー板の後ろから2本の線が出てくるかどうか

でしょう。

カービングスキーはほとんどエッジを立てて滑っているような状態なので、結果的に後ろを振り返ると2本の線が描かれるというわけです。

では、具体的にスキーにおける上級者の証と呼ばれる「カービングテクニック」をどのように練習し、マスターすれば良いのかという話を次から具体的に解説します。(個人的には上級者という自覚は全くないですが・・・・汗)

スキーのカービングテクニックをマスターするための練習方法

練習方法に関しては過去記事にあるので、こちらを参考にしてください。

カービングスキー初心者のためのターン練習方法

こちらはYouTubeの動画で解説してます。再生後30分のところから説明が入ります。

カービングターンの最大の特徴は

「テールをズラさない」

という滑り方となります。

この滑り方を高速ではなく、動画内にある低速で行うとわかりやすいかと思います。

この腰高のポジション(姿勢)で、1本の綺麗なターン弧を描けたら、動画最後のクローチングのようなターンで高速で滑ってみて、感触を掴んでみましょう。

特にカービング初心者には緩斜面での低速練習はおすすめです。

どんなスキー板を選べば良いかわからない人はこちら。カービングスキーの板には主に3種類ある。

Photo:Niseko Hanazono

スキーショップに行って、

ポイント

  • カービングスキーの板ってそもそもどれかわからない
  • いっぱいありすぎてどれを買えば良いかわからない

という方が初心者ほど多いかと思います。

ちなみに私が使っているスキーもカービングですが、画像を使って説明するとこんな形状をしたものがカービングスキーの板だと理解しやすいかと思います。

わかりやすく言うと

ポイント

  • ウエストが細い
  • スキーの先端(トップ)と後ろ(テール)部分は太い

こういった形をしています。

また、カービングスキーには3種類ありまして、

ポイント

  • R10-R13:小回り用(ショートターン向け。アルペン競技だと回転競技)
  • R15くらい:オールラウンド向け(小回り・大回り、コブなどどこでも滑れる。安く済ませたい人向けでおすすめ)
  • R20-R30:大回り(ロングターン向け。アルペン競技だと大回転向け)

 の3種類が存在します。

Rというのは回転半径のことを指し、例えば私が使っているサロモンMAX(購入時は6万円ほど)はR15なので、回転半径15mのターン向けに設計されています。ただ、オールラウンドモデルなので小回りもロングターンもでき、実際にYouTubeのスキーテクニックチャンネルで滑ってます。

まあ、Rという小難しい専門用語は覚えなくても良いので、数字が低いほどショートターン、数字が多くなるとロングターン向けなんだなーと理解していただければそれでOKです。

R30など数字が大きくなるほど、板全体が細くなります。逆にR11とかはトップとテールが太いです。また、アルペンスキー競技をやる方はFISレギュレーションモデルでないと出れないFIS公認大会などがあるので、注意してください。(大会出る人はFISレギュレーションモデル買っていればまず間違いないですが、価格は板1本20万くらいと高額です。

スキー用品はシーズン初めが1番価格が高いので、私はいつも3月に買ってます。YouTubeで使っているスキー用品一式もほとんどが半額でした。(ウエア上下で4万円など)

まとめ

今回は初心者向けのカービングスキーの練習方法を書いてきました。

ポイントとしては(追加記載あり)

  • この記事を書いた人

hide

SAJバッジテスト1級所持。(合格証は下記のプロフィールにあり)元アルペンスキー選手がスキー技術向上に役立つノウハウを提供したり、IT、旅、本のことなども記録してます。なお、コメントはブログ・SNSなど返信しないのでご了承ください。

-スキーパラレルターンの滑り方
-

テキストのコピーはできません。