ski
PR

速報:地球温暖化でアルペンスキーW杯日程が11月末から4月末になるか。SAJ/FISレース・ファーイーストカップに影響の可能性。

hide
hide
hide
スキーヤー・ブログ著者
Profile
スキー1級所持(証拠はプロフィールにあり)、元アルペン選手が上達法、最新のアルペン技術、基礎スキーのテクニックを解説。基礎スキーをアルペン競技のように数値化し、「点数が出る滑り」をYoutubeで公開しています。
プロフィールを読む

今日の話題は2つです。ツイッターですでに長々と書きましたが、アルペンW杯の日程が大幅に変わる可能性もあるため、改めてブログの方で紹介します。

FIS対応2022ー2023ミズノGSワンピース在庫まだあります。

アルペンスキー競技用のミズノGSワンピース2022ー2023モデルの在庫がまだあります。気になる方はチェックしておいてください。

取扱店

アルペンスキーW杯の日程11月末開幕で4月末最終戦に変更か。地球温暖化でFIS/SAJ公認大会のスケジュールも大幅変更の可能性

Photo:PHOTOMDP

まだ選手たちからの要望が出された段階なので、国際スキー・スノーボード連盟(FIS)がこれから検討となります。この情報は確定ではありませんのであくまでも速報としてお伝えします。(記事下にこの記事の前の情報があります)

ただ、選手たちは早急な対策をするように言っているので、5月のFISミーティングか秋の会議までには形にするのではないかと思います。

これにより対応に迫られるのは

関係するところ
  • J-SPORTSの放送スケジュール調整
  • 全日本スキー連盟並びに各都道府県連盟
  • 国内全選手

 になってくるので、今のうちから夏のトレーニングメニュー、オフの時期、予算や宿泊確保などの準備をしておきましょう。

 おそらくW杯から始まり、コンチネンタルカップ、各スキー大会に情報が流れると思うので、正しい情報は全日本スキー連盟(SAJ)のアナウンスに従ってください。

 なお、この問題は速報でsnowweb.jpのブログとTwitterにて随時流していくので、気になる人はTwitterをフォローしておいてください。

ツイッターで流した情報まとめ。2034・2038冬季五輪の話もあり。

ちなみに、W杯の日程の話を書いてますが、現在行われているアルペンスキー世界選手権会場は2034、2038年冬季五輪立候補を検討しているようです。

お詫び・訂正:訳を間違えており、ゾルデン関係なく11月末の開幕を求めるという話です。⇩

11月末から4月末に移動させるよう選手たちはFISに対し働きかけているようです。 理由は地球環境問題であり、アルプスの氷河激減で練習場所の確保が難しくなってるからでしょう。続く

https://twitter.com/snowwebjp/status/1625740889107857412

ちなみにシフリンは宿から練習場所までヘリを用意されていたみたいですが、フランスの環境活動家の影響?もあってか車で練習に行っているという記事ですが、気になるのが

メリベル/クーシュベルは2034または2038年冬季オリンピック立候補 を検討してるようですね。

https://twitter.com/snowwebjp/status/1625318726819270656

さて、仮にアルペンスキーワールドカップが11月末から4月末ならSAJにとって問題も起きます。

①ファーイーストカップ、FISレースをザクザクの雪の中で開催する可能性が高まる。(下手すれば5月開催)

②仮に5月までFISレースを国内でやるのなら北海道やニセコなどが候補になる可能性がある。続

https://twitter.com/snowwebjp/status/1625319556960124928

とまあ色々あるわけです。  

いわゆるスプリングシリーズが5月まで伸びるなら、本州での開催にどう影響するか。  

早ければ2023−2024シーズンにはスタートするのではないかと思いますがどうなるか。続報があればお伝えします。

https://twitter.com/snowwebjp/status/1625320086176436224

昨日書いていないことで重要なことがもう1つ。

今季のアルペンスキーW杯は欧州と北米2往復という点です。 CO2が年間1500トンW杯だけで排出してることを重要視するならFIS公認大会全部 「なるべく移動しない大会スケジュール」 になる可能性がありますね。

https://twitter.com/snowwebjp/status/1625321980760313861

なお、この話は2月13日の続きであり、最初から読みたい人は2030札幌オリンピックは地球温暖化対策?FIS/JOC/IOCの本当の狙いを考える。スキーW杯は欧州から日本中心の時代になるか。の記事後半でツイートを書いてるので、気になる人はこちらもどうぞ。

参考までに選手たちが提出した文章のスケジュールに関する部分は以下の通りです。

Season adaptation
With the first World Cup race every season we are the ones who basically start winter, even if there‘s
barely any snow like this season. This World Cup opener reminds people of how great winter is and
gets them in the mood for the following season. But the seasons have shifted and in the interest of us
all we need to adapt to those new circumstances because organizing World Cup races with no snow
around will backfire and will take any anticipation for winter away.
So we recommend planning the first races of the season in late November and extending it to late
April.

https://protectourwinters.eu/wp-content/uploads/2023/02/open-letter-to-FIS-230209.pdf
ABOUT ME
hide
hide
スキーヤー・ブログ著者
スキー1級所持(証拠はプロフィールにあり)、元アルペン選手が上達法、最新のアルペン技術、基礎スキーのテクニックを解説。基礎スキーをアルペン競技のように数値化し、「点数が出る滑り」をYoutubeで公開しています。
テキストのコピーはできません。
記事URLをコピーしました