スキーの小回り(ショートターン)ができない人のおすすめ練習方法(1級・2級検定も対象)

hide
hide
hide
スキーヤー・ブログ著者
Profile
スキー1級所持(証拠はプロフィールにあり)、元アルペン選手が上達法、最新のアルペン・スキー場情報をトップページでお伝えしてます。
プロフィールを読む

今回のスキー上達方法は「小回りができない」方向けの内容です。いくつか練習方法をご紹介します。詳しくはこちらのP95にある写真をご覧ください。

こんな方におすすめ

  • スキーの小回りができない人
  • スキー検定2級からの基礎パラレルターン小回りができない人
  • ショートターンに挑戦してるけど、全然見栄えが良くならない人

こういった悩みを持つ方に役立つと思います。

スキー小回りできない人はこの流れで練習すると習得が早いはず。

Photo:札幌藻岩山スキー場

子供の頃は誰でも

「見よう見まね」

でスキーの練習をしました。

その中でも小回り、つまりショートターンに憧れる人は子供から大人まで多いです。

子供の頃、私はどのように小回りの練習をやったか?

そして身につけたか?

それは

フォームを気にせず、まず下半身をひたすら一定のリズムで曲がることを意識した

というのはよく覚えてます。

最初はクネクネした小回りフォームで、おかしい小回りからみんな始まる。

右側のイラストは上半身を内側に向けすぎたいわゆる「内向姿勢」。逆を外向姿勢と言います。

本来であれば外足荷重を意識しつつ、ターンする際は正対になっているというのが理想ですが、中には2級合格者の中に外向姿勢が強すぎて、ターンの切り替えがおかしくなってるケースもあります。

実際の写真がこちら。P89の65点を取ったスキーヤーの5コマから6コマ目の写真参照

スキーのフォームには3つの姿勢があり、それぞれに長所と短所がありますが、基本は正対の状態をずっと維持してるイメージで滑ります。

長所短所

  • 外向姿勢:板の向いてる方向に対し、体が外を向いてる状態。アルペンだとターンの終わりのギリギリまでこれをやるとターン後半の加速が可能ですが、デメリットは次のターンが遅れてタイムロスになる可能性があります。しかし、コブ(検定)では必須姿勢です。
  • 内向姿勢:上記の2名のイラストの右側になります。上半身が板の方向に対し、内側を向くとほとんどの場合、内倒の原因となり、転倒リスクが上がります。アルペン競技だと外足からの反発力がもらえず、タイムロス(減速)になります。ただ、アルペンのスラロームなどで次の旗門が狭い時に、内向きにし、外足荷重を強めることでトップが噛んで、ラインを上に戻すといったことができますが、内側にローテーションするので転倒リスクもあります。
  • 正対:ロングターンにしろ、ショートターンにしろ、基礎・競技に限らず正対してるのが基本となります。

とまあ、小難しい話をしてしまいましたが、これはあくまでも上級者がやってることですが、こんな理論を覚えなくてもできるので、次でやり方を解説します。

最初の頃はフォームよりもっと重要なことがある。小回りのコツとは?

Photo:Sapporo Teine

フォームが正しいというのは理想ですが、やっと足を揃えてパラレルターンができるようになった人にとっては小回り(ショートターン)することはなかなか難しくできないという人も多いでしょう。

では小回り初心者の人はどのように最初滑れば良いのか?

ここからまずやってみることを強くおすすめします。

ABOUT ME
hide
hide
スキーヤー・ブログ著者
スキー1級所持(証拠はプロフィールにあり)、元アルペン選手が上達法、最新のアルペン・スキー場情報をトップページでお伝えしてます。
テキストのコピーはできません。
記事URLをコピーしました