初心者から上級者までの

2023スキー技術選はアルペンテクニックがないと戦えない時代に。スキー板の走らせ方と雪煙が上がらない滑り方

hide
hide
hide
スキーヤー・ブログ著者
Profile
スキー1級所持。元アルペンスキー選手が基礎スキー検定と競技の滑り方の違い、初心者から上級者までの上達法を日々提供しています。実績や賞状はプロフィールにあります。
プロフィールを読む

今回の話題は以下の目次の通りになります。お好きなところからご覧ください。

スポンサーリンク

2022-2023デサントスキーウェア上下セットの在庫残りわずか

下記のスキー用品情報ページにて、日本全国のスキーショップで取り扱っているデサントのスキーウェア上下セットの在庫が見れます。早い者勝ちです。

国民体育大会から国民スポーツ大会に変更。2025年のスキー国スポは秋田県で開催

国体という呼び方がなくなってしまったので、「スキー国スポ」と勝手に書いてますが、皆さん今後どのようにこの大会を省略して呼ぶんですかね?(苦笑)

ちなみに名前が変わった理由は東京オリンピックを機にスポーツ基本法が改定され、心技体を鍛えるための「体育」から世界標準の「スポーツ」に切り替えるという意味もあり、「国民スポーツ大会」になったそうです。

これを機に根性論の世界ではなく、科学的根拠に基づき、かつレジャーや生活を豊かにするスポーツとして、健康寿命が伸びると良いですねぇ。

 

ジャッジ片山秀斗さんの2023スキー技術選大回り解説

下記のリンク先でジャッジ片山秀斗さんのスキー技術選2023大回りの解説について書きました。

 

スキー技術選はアルペンやってないと厳しい。雪煙が上がらない滑り方と板の走らせ方

さて、今回は技術選を中心にお送りしてますが、スキーグラフィック2023年5月号にも書いてある通り、アルペンスキー競技をやっていないと戦えないとハッキリ書かれています。(P9参照)

というわけで、今回は基本中の基本である雪煙が上がらない滑り方と板を走らせる基本的なスキー動画解説をたまたま作ってたので、ユーチューブ動画を貼り付けておきます。

 ただ、大回り、大回転を滑りまくってもスキーは速くならないですし、上手くなりません。

POINT

きちんとしたポジションに乗ることで初めて雪面に力が伝わり、また雪面からの力をきちんと次のターンにつなげることができます。

逆に言えば、きちんとしたポジションに乗れないスキーヤーは、いくら努力してもタイムが出る滑りはできないですし、板を常にズラして滑る確率が高いはずです。

 詳しくは下記の2分ちょっとの動画をご覧ください。また、今後もスキーテクニックについて知りたい人はチャンネル登録をしておいてください。

スポンサーリンク
ABOUT ME
hide
hide
スキーヤー・ブログ著者
スキー1級所持。元アルペンスキー選手が基礎スキー検定と競技の滑り方の違い、初心者から上級者までの上達法を日々提供しています。実績や賞状はプロフィールにあります。
テキストのコピーはできません。
記事URLをコピーしました