wordpressテーマ
PR

mblog.com(新マナブログ)風のwordpressテーマはこちら。シンプルデザインが好きな人はぜひ。

hide
hide
hide
スキーヤー・ブログ著者
Profile
スキー1級所持(証拠はプロフィールにあり)、元アルペン選手が上達法、最新のアルペン技術、基礎スキーのテクニックを解説。基礎スキーをアルペン競技のように数値化し、「点数が出る滑り」をYoutubeで公開しています。
プロフィールを読む

久々のIT系の記事です。

この冬にsnowweb.jpはスタートしたのですが、新ドメインでの運用ということで

「シンプルなワードプレスデザインで」

という意識で進めるため、以下のサイトに近いデザインができ、かつ高速表示でSEOにも強いと評判なSWELLを採用しています。

ちなみに参考にしたサイトは

参考
  • mblog(新マナブログさん)
  • sitesakamoto(故:坂本龍一さんの昔からの公式サイト)

この2つです。

なぜこの2つのデザインを意識したかを次に解説します。

坂本龍一氏のサイトデザインはほとんど20年以上変わらず、カッコいい

アーティストやブランドサイトの多くは白や黒のデザインを採用しています。

中でも2023年3月28日にお亡くなりになられ、私自身もほぼ毎日聞いている坂本龍一さんのCDジャケットや本、サイトデザインなどは時代に左右されないクールでおしゃれなデザインばかりです。

ですが、よーく見ると

「白」

なんですよね。

 つまり、白をベースにし、写真だけで構成すると割と誰でも簡単におしゃれなサイトにできるということがわかりました。

mblogさんも白ベース

manablogの方でSEOで上位表示してツイッターやYouTubeのフォロワーを爆増させたマナブさん。

いまだに上位表示を続け億り人になった方ですが、確かmblog.comは中古ドメインで取得したドメインなんですよね。

そしてデザインも真っ白の活字ブログとなっています。

 SEOというよりは、もうリタイア人生なので好きに書く雑記ブログといった感じです。

両者ともに共通するのはサイトデザインが白という点です。

有料ワードプレステーマのデザインは飽きる

ブログを運営していると時々デザインを変えたくなります。

ですが、多くの運営者はワードプレスのテーマを変更するのには勇気が入ります。

なぜなら

デザインを変えると面倒
  1. 装飾が全部崩れ、記事内のレイアウトがおかしくなる
  2. リピーターの多い読者を抱えるところは回遊率に影響し、下手すれば滞在時間が短くなってSEO効果も減る

など様々な問題が発生します。

 特に1番面倒なのは上記の1番です。

世の中には人気有料テーマというものがあり、JINRやSANGO、アフィンガー6など、こちらにあるようなワードプレステーマをほぼ多くのブログ初心者は選択します。

 最近ではCONOHA WINGさんみたいに有料ワードプレステーマでいきなりスタートでき、割引価格で購入できるところもありますが、私は最短90秒でワードプレスを開始でき、容量を自由に調整できるミックスホストを使ってます。

 ワードプレスの始め方は今の時代色々選択肢があるので、様々なことを始められますし、chatGPTを使えばAIに指示を出し、自分好みのオリジナルのワードプレステーマでスタートすることも可能でしょう。

ただ、どのテーマも割と装飾重視で、IT初心者の人でも読みやすいデザインばかりで、割と派手目になりがちです。

小学生でもわかるデザインに仕上げると、結果的に装飾ばかりになるんですよね。

そうなると運営側としては結構飽きるわけです。

売ることに特化し、自分らしいブログは別に運用するのであれば別ですが、雑記ブログで売れるブログを構築しようとした場合、有料テーマは派手に見えてくるかもしれません。

もちろん、どのテーマもこのようなシンプルな真っ白なデザインにすることは可能ですが、それではどのテーマも一緒になります。

 であれば、SEOに強いSWELLAFFINGER6がmblog.comに最も近いデザインになるのではないかと思います。

興味のある方は色々カスタマイズしてみましょう。

余談ですが、mblog.comの初期の頃にアクセスし、ソースコードを見ようとすると「おっと、ソースコードを見にきましたね」(みたいな感じ)とマナブさんが洒落たコメントをソースコードに書いていて面白い人だなーと思いました^^ちなみに今ソースコードを見ると普通のソースコードです。

ABOUT ME
hide
hide
スキーヤー・ブログ著者
スキー1級所持(証拠はプロフィールにあり)、元アルペン選手が上達法、最新のアルペン技術、基礎スキーのテクニックを解説。基礎スキーをアルペン競技のように数値化し、「点数が出る滑り」をYoutubeで公開しています。
テキストのコピーはできません。
記事URLをコピーしました